トップ ニュース 速報 Olive Weekly 動画 ゲーム トピコメ サイトマップ
  トップ 新着 コラムと特集記事PPV国内エンターテインメント経済海外暮らしコンピュータサイエンスクッキング使い方とQ&A
  オリーブの声 Lサイド ニュース特報 小沢一郎の部屋 ガソリン暫定税率廃止 税金のムダ 学校教育と家庭教育 母子家庭 後期高齢者医療 障害者と福祉
 
  非正規雇用・労働組合 ワールドレポート 徳山勝連載・コラム 健康と美容コラム 八ッ場ダム問題 芸能スポーツ 夢を叶えて メディア報道のあり方 著書・書き下ろし 安倍政権
  速報・特報 セラヴィ・コラム 読者コラム 東北地方太平洋沖地震 福島第一原発事故 福島からの手紙 NEWS OPINION VERITAS オリーブデイリー
コラムと特集記事 > 福島からの手紙
うまくなんかいってない日本の政治

オリンピックは、福島の原発事故さえなければ大賛成しただろう。
自民党のほとんど独裁状態だって、日本が安定した社会であればやはり「これでもいいか」と一応は満足しただろう。しかしながら、もうここまで東電の事故隠しが続き、夫が福島から長期出張が帰ってこない状態が続けば、もはや日本の政治は「おかしい」と、いいたくもなる。

東京の知事のあのオリンピック誘致のパフォーマンス。東京から「近い」という理由で原発が福島に造られ、いざ経済効果を期待したいオリンピックの誘致直前に、放射能汚染漏れが「ばれそうに」
なれば「福島は遠い」から、大丈夫と、世界に向かって言い出す、ヤマタノオロチみたいな人が日本の政治家なのだから。

情けないというか、悲しいというか、そんな気持ちだ。
どうせなら、福島にオリンピックをもってきてはいかがか。
それなら、私は誘致に大賛成だ。
北海道には1000人を超える東北の人達が今も避難という形で暮らす。
その政府の補助を受けて暮らさざる得ない生活も、来年の3月31日で
打ち切られる。この多くの人たち、この人たちは、政府から放り出されて、一体どうやって暮らせというのだろうか。

「お・も・て・な・し」なんて変な発音で言っている暇があったら、福島の人たちをまず故郷に安心して暮らせる元の暮らしを最優先にする
予算を組んで欲しい。
そうでなければ、元の故郷にしようと福島でがんばっている多くの
夫を含む人たちの労苦が無駄になってしまう
ゆかりちゃん ( 2013/11/22 13:56 )
ページトップに戻る
私の意見 評価する  評価しない
私の意見の投稿は評価する・評価しないを選んで投稿ボタンを押して下さい。
同時にご意見があるときは評価を選んだ後に下記に書いて投稿ボタンを押して
ください。評価は即時に反映されますがご意見は、必ず反映されるわけではご
ざいません。また反映後に削除される場合もございますので、ご了承をお願い
します。意見の投稿は10文字以上200文字以内でご入力下さい。
(200文字以上はこちらから)3回まで投稿いただけます。

ご意見が4件あります
(ご覧になる場合はボタンをクリックして下さい)
 







会員登録はこちら - 会社紹介 - 問合せQ&A
ご利用規約 - ニュ-ス配信申込停止 - 個人情報保護法への取組み 広告掲載

Copyright (C) 2010 OLIVENEWS INC. All Rights Reserved.









close