トップ ニュース 速報 Olive Weekly 動画 ゲーム トピコメ サイトマップ
  トップ 新着 コラムと特集記事PPV国内エンターテインメント経済海外暮らしコンピュータサイエンスクッキング使い方とQ&A
  オリーブの声 Lサイド ニュース特報 小沢一郎の部屋 ガソリン暫定税率廃止 税金のムダ 学校教育と家庭教育 母子家庭 後期高齢者医療 障害者と福祉
 
  非正規雇用・労働組合 ワールドレポート 徳山勝連載・コラム 健康と美容コラム 八ッ場ダム問題 芸能スポーツ 夢を叶えて メディア報道のあり方 著書・書き下ろし 安倍政権
  速報・特報 セラヴィ・コラム 読者コラム 東北地方太平洋沖地震 福島第一原発事故 福島からの手紙 オリーブデイリー
コラムと特集記事 > 安倍政権
何故加計学園だったのかが核心!

 今日の閉会中審議で、自民党議員や前の愛媛県知事で「愛媛県新しい憲法を考える会」に関わっている加戸守行氏の発言を聞いた。が、獣医師が不足しているとか、愛媛県がどんなに苦労してきたかとか、岩盤破壊とか、縷々聞かされても、全国的な事として何故獣医師の養成ができないのか、京都産業大学ではなぜいけないのか、何故スケジュールとして加計学園獣医学部開校の動きになったのか、等々の疑問は消えないままだ。
 思うに、安倍晋三君と仲良しの加計氏が、愛媛の獣医学部開設への苦難を知って、自分の様々な力を利用して、国や県のあちこちに働きかけて、愛媛に特区を作ろうと画策したのではなかったか? 萩生田氏だって加計学院の客員教授だったのだろう? 何としても加計学園に獣医学部を作らせたかったのだろう? 
 国会論戦では、文科省の天下り問題、現役中の問題点指摘が何故なかったのか、などと、前川氏への個人攻撃で事態をスルーしようとしているかのごとき発言があった。私は前川氏がどう応えるのか興味があったが、彼は立派に、所要な論点を外さずに応えた。獣医師養成の対応策にも現実味のある元文部官僚の意見だった。
 何だかんだ言っても、核心は、様々な選択肢の中で、なぜ加計学園獣医学部開設に決めようとしたのか、だろう。
白熊 ( 2017/07/16 01:19 )
ページトップに戻る
私の意見 評価する  評価しない
私の意見の投稿は評価する・評価しないを選んで投稿ボタンを押して下さい。
同時にご意見があるときは評価を選んだ後に下記に書いて投稿ボタンを押して
ください。評価は即時に反映されますがご意見は、必ず反映されるわけではご
ざいません。また反映後に削除される場合もございますので、ご了承をお願い
します。意見の投稿は10文字以上200文字以内でご入力下さい。
(200文字以上はこちらから)3回まで投稿いただけます。

ご意見が6件あります
(ご覧になる場合はボタンをクリックして下さい)
 
次へ>







会員登録はこちら - 会社紹介 - 問合せQ&A
ご利用規約 - ニュ-ス配信申込停止 - 個人情報保護法への取組み 広告掲載

Copyright (C) 2010 OLIVENEWS INC. All Rights Reserved.









close