トップ ニュース 速報 Olive Weekly 動画 ゲーム トピコメ サイトマップ
  トップ 新着 コラムと特集記事PPV国内エンターテインメント経済海外暮らしコンピュータサイエンスクッキング使い方とQ&A
  全般とトピックス 自然と生物 科学技術 宇宙と天文 健康と医学 環境・資源リサイクル 太陽電池エネルギー 原子力 生命科学・遺伝子 兵器その他
 
サイエンス > 環境・資源リサイクル
木質チップ資源で循環型社会の構築

・木質バイオマスの熱利用
何よりも知ってほしいことは、人類が20万年前、原人の時代から木や草などを燃やして火をおこし、その熱を暖房や給湯に利用してきました。この基本的な仕組みは今も昔も変わりません。木質バイオマスの熱利用は、健全な森林の育成、循環型社会の形成に役立つ再生可能エネルギーなのです。 木質系バイオマスである廃屋材、間伐材等の林地残材、市街地の街路樹、屋敷林、耕作放棄地の立木そして河川敷地の立木・流木等の未利用系資源を活用した熱利用産業化を推進し、バイオマス熱利用から、環境にやさしく災害に強いまちづくり・むらづくりの支援となります。

・バイオマスボイラ−でホテル・旅館等の救済
消防法が平成25年2月1日から改正されたことにより、地下貯蔵タンクの油漏れ規制が厳しくなり、40年以上前に埋められた貯蔵用タンクは改修が義務付けされました。重油ボイラ−を使用するホテル・旅館等からは「廃業するしかない」と悲鳴が上がっている状況です。そこで、重油代替の木質チップ燃料によるバイオマスボイラ−が注目されています。

・廃屋資源活用で地域活性化
「空家等対策の推進に関する特別措置法案」が制定されました。現在、空家は全国約757 万戸(平成 20 年)。廃屋解体材は木質チップに破砕、小型バイオマスボイラ−による蒸気熱利用(例介護事業の暖房、入浴施設等)で地域活性化の推進が期待されております。
ss ( 2015/01/16 11:17 )
ページトップに戻る
私の意見 評価する  評価しない
私の意見の投稿は評価する・評価しないを選んで投稿ボタンを押して下さい。
同時にご意見があるときは評価を選んだ後に下記に書いて投稿ボタンを押して
ください。評価は即時に反映されますがご意見は、必ず反映されるわけではご
ざいません。また反映後に削除される場合もございますので、ご了承をお願い
します。意見の投稿は10文字以上200文字以内でご入力下さい。
(200文字以上はこちらから)3回まで投稿いただけます。

 







会員登録はこちら - 会社紹介 - 問合せQ&A
ご利用規約 - ニュ-ス配信申込停止 - 個人情報保護法への取組み 広告掲載

Copyright (C) 2010 OLIVENEWS INC. All Rights Reserved.









close